トップページ
SEOって何?
検証 私のホームページ
ホームページの悩み
自分でできること
これだけはやっておきましょう
キーワードの一致
SEOの前に
ドメイン名とアクセスアップの関係
サイトマップ


32150.com 見に行こうドットコム
キーワードの一致
▼タイトルの次に本文<body>

最近のGoogle(グーグル)を中心とする検索ロボット対策は、タイトルと本文のキーワードの一致が重要です。
それには、キーワードを決めておく必要があります。

本文には、キーワードをちりばめて自然な文書で記載する必要があります。
ただ、単に同じキーワードをちりばめるだけでは、SPAM(不正)行為と受け取られかねません。一説には、同一キーワードが5%を超えると危険だといわれています。この場合はペナルティーを科せられて順位を下げられるかもしれません。


対策としては、本文の前半に重要なキーワードをおく必要があります。
最初の4〜50字以内は、特に大切な場所です。

本文は、80字以内にまとめるつもりで書いてみましょう。

▼キーワードについて

ユーザーがホームページで情報を収集する場合、大きく分けるとディレクトリー検索とロボット検索の2種類があります。

情報量が少なかった時代には、Yahoo!(ヤフー)ディレクトリー型検索はクリックのみで情報収集が出来る利点を生かし便利でした。

しかし、ホームページの情報量が増大した現在では、キーワードによる検索ロボット型が、重要度が増しています。
もちろん、登録に際しての審査があるディレクトリー型のすばらしさを否定するものではありません。
しかし増大し続けるホームページをすべて閲覧することは出来ませんので、絞込みに対してより、AND検索に順応しているロボット検索の優位性が損なわれることはないでしょう。

また、重要なことはAND検索で訪れる訪問者は、貴重な「見込み客」であるということです。

わざわざ、自らの手でキーワードを打ち込み探してきたわけですから、バナー広告と違い良質なお客様候補といえるでしょう。
しかし、いくらキーワードが一致したからといって、あなたのホームページを訪問していただける訳では有りません。
固有名詞ならともかく、多くのキーワードの場合数多くの検索結果、何万何千と同じキーワードで表示されていることでしょう。多分あなたも、お客様も検索結果の上位から見る事になるでしょう。
ホームページ誘導の最も重要なことは、検索結果の上位表示がされることが明白です。



home SEOって何? 検証 私のホームページ ホームページの悩み 自分でできること SEOの前に
ドメイン名とアクセスアップの関係

2002 Information Online, co,ltd. All rights reserved.