トップページ
SEOって何?
検証 私のホームページ
ホームページの悩み
自分でできること
SEOの前に
会員のページ
好まれる内容とは
ドメイン名とアクセスアップの関係
サイトマップ


32150.com 見に行こうドットコム
SEOの前に (主に商用ページに関することです。)
▼アクセスアップ前にすること、それは嫌われるホームページを知ることです。

1.

まずは、表示速度が遅い。ADSLやBフレッツをはじめとするFTTH(光ファイバー)ブロードバンドが普及したとはいえ、やはり今でもモデムを使用している人のことも考えましょう。

2.

画面が大きく、常に閲覧中にスクロールする必要があるホームページは、使い勝手の点で嫌われます。むしろ外出先でも、困らない程度のサイズが、好まれます。

3.

フラッシュ、バリバリのホームページや、スタートにやたらと時間のかかるイントロの長いホームページ、本人は満足でしょうが、何回も訪れる人向けには、一工夫が必要でしょう。スキップを設けることで、リピーターの確保や常連様にもお気に入りに入れてもらうことが、可能です。

4.

あっと驚くホームページ(仕掛けの多い)は、意外と不評です。初心者や、ネットトラブルを恐れる人たちは、それだけで、去ってしまいかねません。
結局、怪しいホームページと思い込み敬遠するのかもしれません。

5.

派手な音楽のホームページも業種やその他関連のあるページでは別ですが、好まれません。特に深夜などに見るときは、ユーザーが周囲に気を使う結果になることもお忘れなく。

6.

リンクがやたら多く、オリジナルの記事がほとんどないホームページも嫌われます。また、工事中が多いホームページは、検索エンジンの登録は、しないほうが無難です。未完成のままでは、訪問者の満足を得るには力不足です。

7.

言葉使いが、悪いホームページ、乱暴な口語体は感心しません。
仲間内だけのホームページでは問題がないかもしれませんが、メール感覚でホームページの内容を記載するのは、困りものです。


8.

写真など容量の大きいものは、TOPページに置くのは注意が必要です。置く場合は、出来るだけ容量を圧縮するなどの配慮も必要です。また、見たい人だけ見ることが出来る工夫も、必要です。
例   クリックするとページが、開き写真等を「見せる」工夫が親切です。


9.

やたら長い、長いドメイン名は、やはり何かと不利です。メールアドレス関係にも影響しますので、予算を取ってドメイン名を取得することも大切です。
短いドメインは、入力するほうにとっては、魅力的です。
特に、iモード、などからアクセスする場合も想定しますと、短いドメイン名が有利であることは、間違いありません。


10.

プラグインなどの、アプリケーションを多用したページ。訪問者が、限定される危険性が生じます。アプリケーションがインストールされていないパソコンは、インストールする必要があります。面倒な上、初心者には不安がいっぱいです。
せいぜい、アクロバット(PDF)や、フラッシュ程度が無難な選択でしょう。


11.

専門用語を多用したホームページ。業界の人しかわからないホームページ。知識の羅列で自己満足に終始しているページ。

12.

自慢と思い込みのホームページ。
楽しい雰囲気が伝わりません。
多くの訪問者に見てもうための、努力と工夫。効果は、限定的ですか?

13.

メールマガジン投稿や掲示板に、ホームページアドレスを書き込みましょう。
書き込みなどは、書き込み先を選ぶことも大切です。
ただし、宣伝メールなど招かざる客など負の効果もあることを知っておきましょう。


14.

少しなれてきましたら、掲示板を置くのもよいでしょう。
しかし掲示板荒らし、管理などの点でのリスクもあります。


15.

懸賞や、プレゼントの提供。
商業化が進み懸賞が、メール中心になってから、問題が顕著化してきてから、効果は疑問ですが、宣伝と割り切って行うのもよいでしょう。


16.

ランキングに参加する。
筆者は試したことがありませんので、発言は差し控えさせていただきます。


17.

アクセス解析の導入。
誰が、アクセスしてきたかわかります。参考になる情報が、多数含まれているかも知れません。


次のページ会員のページへ


home SEOって何? 検証 私のホームページ ホームページの悩み 自分でできること SEOの前に
ドメイン名とアクセスアップの関係

2002 Information Online, co,ltd. All rights reserved.